SHURE SM58 レビュー 〜ダイナミックマイクの定番中の定番! 〜

SHURE SM58 ダイナミックマイク 写真

SHURE SM58 (シュアー ゴッパチ)

 

■ ダイナミックマイク、ボーカル用
■ ON/OFFスイッチ無し
■ 単一指向性
■ 周波数特性:50Hz-15kHz
■ 通称 ゴッパチ(中にはゴッパーとかゴハチ、ゴーハチと呼ぶ人もいます。)

機材のことを知らない方でも、きっと何処かで見た事があると思います。
定番中の定番。

どこのスタジオ・ライブハウスにも置いてますし、
イベント会場などのMCマイクとしても使われています。
安くて頑丈で音が良いので、特にライブでは重宝されてるマイクです。

一応ボーカル用マイクとされていますが、
ほぼオールマイティーです。
ギターもベースもドラムも録れます。

有名なプロ・アーティストでもライブで使ってる方多いですし、
レコーディングでも使ってるアーティストも結構いてますよ。
ビョークがこのマイクでレコーディングしたのはそこそこ有名な話なんじゃないかな。

SHURE SM58 ダイナミックマイク 床 写真

この頭についてる銀色の丸い部分。
グリルボールと言いますが、これがマイクをしっかり守ってくれています。
また、この内側にはスポンジが取り付けられていて、
マイクに直接息がかかって”ボフッ”って嫌な音がするのを防いでくれています。
ちなみに落としてへこんだり、長年使ってサビてきても、
グリルボールだけの交換が可能です。

グリルボールをくるくる回すとマイク本体からはずれます。
SHURE SM58 ダイナミックマイク グリルボール はずし 写真

Shure SM58 グリルボール アップ 写真
ちょっと見えにくいですが、中には黒いスポンジがついています。

このグリルボールを外した状態でもマイクは使えます。
ただ、むき出しの状態になってるので取り扱い注意なのですが、
マイクを覆うものがなくなったことで、くっきりした音が拾えるようになります。

Shure58 ダイナミックマイク グリルボール はずす 立てる 写真
もちろん、これで歌うのはやめておいた方がいいと思いますが、
例えばギターの録音など、直接風が当たらない録音の時には使えると思います。

私も、デモテープを作る時とかに、グリルボールをつけて歌って、グリルボールを外してギターを録るなんてことをします。
これは、完全に自己責任ですけどね。

もし宅録やバンド録音をするのなら、このマイクは1本は持っておいた方がいいと思います。
どこにでもある定番マイクですが、スタンダードだからこそこのマイクの音を知っておくべきです。
“ゴッパチに比べてヌケがいいよね”なんて感じに、このマイクと比較して喋ることがけっこうあります。
値段もそんなに高くないですし、コストパフォーマンスはめちゃくちゃいいので。

 

 

画像をクリックすると サウンドハウス 商品ページが別ウィンドウで開きます

SHURE SM 58 ダイナミックマイク ゴッパチ
【ブランドでいくならコレ!】 世界中のミュージックシーンで圧倒的な支持を受けロングセラーを続けるマイクロフォンの傑作。あらゆる音源の魅力を引き出す歯切れの良いサウンド。ON/OFFスイッチなしモデル。

マイクケーブルはとりあえず定番のカナレでいいんじゃないかな? 5mの黒
マイクケーブルはとりあえず定番のカナレでいいんじゃないかな? 5mの黒

マイクスタンドはTAMAをおすすめします。もう少し安いメーカーもありますが、すぐにネジがバカになって後悔するので。
マイクスタンドはTAMAをおすすめします。もう少し安いメーカーもありますが、すぐにネジがバカになって後悔するので。

 

 


西浦 寛卓 (にしうら ひろたか)
シンガーソングライター/レコーディングエンジニア/音楽講師

鳥取県米子市を中心に、出張録音・出張レコーディング承ります。
音楽講座・音楽教室・音楽レッスン・音声編集なども行っております。
音に関することなら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

(mail) nishiurahirotaka@dearmusicians.com

(twitter) https://twitter.com/24urahirotaka
(facebook) https://www.facebook.com/hirotaka.nishiura
(出張レコーディング) http://dearmusicians.com/?page_id=453
(音楽教室) http://dearmusicians.com/?page_id=485


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*