ボーカルのピッチについて リコーダーで例えると

 

ボーカルのピッチについて リコーダーで例えると

ボーカルのピッチ(微妙な音程)に関して結構厳しめにやらせていただいているのですが、
皆様にお伝えしていることをここでも書かせていただこうかと思います。

意識のポイントはたくさんあるのですが、まず何よりも「自分が歌う音程をイメージしてから声を出す」ということが欠けているパターンが多いです。
いつもリコーダーに例えて説明させていただいているのですが、
リコーダーを吹くときは指でどの音を鳴らすのかを確定してから息を吹きます。
もし息を吹いてから指を動かすと意図としない音が鳴ってから意図とする音が鳴ることになります。
この「意図としない音」が鳴っている状態が音が外れている状態になります。

ボーカルも同じでどの音を鳴らすのかをイメージしてフォームを作ってから声を出さないと意図としない音を歌ってしまうことになります。
にも関わらず声を出してから音を探している方が多いです。
その場合音を探している時間が音痴時間になってしまいます。

ですので自分は次にどの音を歌うのかということを常に意識して身体を動かしていくことがとても大切です。

そのためにはメロディーをしっかりと理解してイメージして自分の身体をどう使うべきかを考え、
それをうまく表現できるように練習する。

というのが歌の上達のための大切なプロセスだと考えております。

体験レッスンのお申し込みはこちらから

お問い合わせ

 








西浦ミュージックスクール 〜Dear Musicians〜

鳥取県米子市の音楽教室です。
初心者でもやさしく丁寧にお教えいたします。
ボーカル、エレキギター、ギター弾語り、ピアノ弾語り、作詞作曲、コード理論、DTMのレッスンなら是非お越しください。
お気軽にお問い合わせください。

(電話) 08042672442
(mail) nishiurahirotaka@dearmusicians.com


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*